CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

東京夜景 ひかりの中でぼーっとする。

スポンサーリンク

人の目では見えないものを写真で表現

高いところでぼーっとするのが好き。

あしもとを見ると、いつもは大きかった車も小さくみえて

いつもの自分の視点と違うから。

っと、いうわけで今回は日常からカメラを通して

非日常的な視点で切り取る効果を

・高さ

・スローシャッター

上記2点を活かして撮影してみました。

 

あえて窓枠を少し入れて屋上感を

前ボケになっているので解りにくくなっており、

たぶん、最初の文章を読んでから見ると「!?」っとなると思いますが

これ、じつは窓枠のふちで、こういった周りにあるものや

事前に小物を準備して撮影すると効果的だったりします!

 

スローシャッターの魅力

自分の目では見えているのに、スローシャッターにすることで

車体だけでなくライトや蛍光灯などの光が

また幻想的に写ったりもします。

今回は東京の夜景を撮影しましたが、

日中に道路や海をND400などNDフィルターで撮るのも

写真だけでしか見えない非日常的な世界が広がり

写真のおもしろさが出てきますので

機会があればぜひお試しくださいませ。