読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

売れる商品写真はここが違う!ブロガー向け商品撮影ポイントと写真のSEO対策セミナー

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20160724130916j:plain

こんにちは〜、つるたまです。

スマホやモバイル系ガジェットのブログ記事などにかかせない写真。この写真の撮り方や意識することで、じつは売れる写真にガラッと変わったりします。

今回は2016年8月7日(日)に鈴木こあらさんのブログ・アフィリエイト勉強会にて「反射しやすい小物商品撮影」を担当することになりましたので、どんなことをやると変わるのかをご紹介していきます!

 単純にスマホの商品写真を撮ったらこんな写真

f:id:maphoto:20160724133006j:plain

うん...たぶんこういうスッキリ撮る!っというのは定着してきていると思うのです。

LEDライトを使うと新製品っぽいスマホ写真に

f:id:maphoto:20160724133232j:plain

反射させないことも大事だけれども、きれいにハイライト(反射)を画面上に入れることで見栄えがだいぶ変わります。

比べると中古品と新製品くらいビジュアルの違いってライトひとつでできるので、初心者でも簡単に使えるLEDライトの使い方をやろうかなと思っております。

ジュエリー写真がわかりやすい練習になる!反射をどこに入れるかがポイント

f:id:maphoto:20160724134326j:plain

まずは、なにもしないで撮影した例。標準レンズや通常の単焦点レンズでは、マクロ撮影ができず、最短撮影距離で撮影してもこの大きさ。

f:id:maphoto:20160724134427j:plain

 マクロレンズを使用することが、ジュエリーやアクセサリーの商品撮影をする時は第一条件。

そして、反射しても写り込んでいいように、商品撮影ブースなどで周りを白で囲ってあげることも大切です。

商品撮影の写り込みはアクリル板を使う

f:id:maphoto:20160724135042j:plain

アクリル素材を使うことで、鏡面になり指輪を写し込むこともできます。

売れる写真のポイントは欲しくなる商品写真

f:id:maphoto:20160724140205j:plain

デジタルになって、きれいな写真は誰でも取れる時代ですがプロとアマの差は、実際に欲しいと思う商品写真かどうか。

ターゲットを意識することで、

・その商品のどんなところがユーザーに取って魅力的なのか
・どんな写真が何枚必要なのか
・そのために撮影に必要な機材や小物はなにか

上記3点を意識することで、より記事から商品を販売できる写真が撮影できるようになります。

セミナーではより詳しく、初心者でもできる1灯のLEDを使った写り込みを応用したライティングや商品撮影のポイントとユーザーが欲しくなる商品写真のために意識することや、鈴木こあらさんからサイト・ブログに写真を使う場合の最低限のSEOのお話があります。

定員12名と募集人数が少人数限定となっておりますので、ご興味あればお早めに!
なお、こちらの講座はミラーレス&一眼レフカメラ限定の講座となり、スマホはご遠慮いただいております。

ブロガー向け商品撮影ポイントと写真のSEOセミナー詳細

開催日時:2016年8月7日(日)17:30~20:30(開場17:15)
開催場所:開催地:東京 渋谷 アットビジネスセンター渋谷 506号室
住所:東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル5F

費用 ¥5,500

17時30分開始~20時30分終了
17:30~ 本日の内容について
17:40~19:10 鶴田先生の撮影教室
19:10~19:40 鶴田先生への質疑応答
19:40~19:50 休憩 19:50~20:30 写真をブログで使う上でのSEOについて

詳細は下記鈴木こあらさんの記事へ

参加のお申し込みはこちら