CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

創業明治23年行列ができるかき氷店 天然氷蔵阿左美冷蔵

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20160812094221j:plain

阿左美冷蔵寶登山道店のかき氷がめちゃめちゃおいしい!

かき氷大好きつるたまです。SLに揺られて埼玉県長瀞までやってきました。

関東でもSLが走っている日があるなんてめっちゃ感激です!!さてさて、そんなSLに乗るという動機以外にはあてもなくきたつるたま。

「かき氷がめっちゃ美味しいお店があるんですけど行きませんか?」と振られてやってきたのが阿左美冷蔵寶登山道店。

2時間並ぶほどの超人気店なのですが、食べてみたら都心から約2時間+2時間並んでも阿左美冷蔵のかき氷を食べるためだけに来てもいい!くらい美味しかったのでご紹介いたします。

 都心から約2時間、長瀞駅にある阿左美冷蔵 支店アクセス

f:id:maphoto:20160812095720j:plain

阿左美冷蔵 寶登山道店へは長瀞駅から徒歩約4分。まっすぐ直進なのでわかりやすい。

店内のストリートビューも公開されているので、店内に入ってみると面白いかも。 

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞781-4
☎0494-66-1885 10:00~17:00頃 火曜定休

阿左美冷蔵のかき氷目当てなら朝一で行くと比較的空いてる

f:id:maphoto:20160812095637j:plain

昼以降や夕方近くになると2時間待ちくらいになる阿左美冷蔵。つるたまがいったのはお昼前だったからか待っている人数も10名ほど。

店内はシンプルにかき氷のみを提供しているため回転も早く10-15分待ちくらいで入れたので、早めの時間がおすすめです。

天然氷蔵ならではの他とは違うふわっふわのかき氷

f:id:maphoto:20160812101946j:plain

斜めってますが、大きめの茶碗にこれでもかっ!!とばかりに山積みになったかき氷。食べる前にこんなに食べれるのかめっちゃ不安になったのですが、一口食べると氷の質感が今まで食べたかき氷とは全く違い口に含むとふわっとやさしく溶けておいしい。

f:id:maphoto:20160812102140j:plain

創業明治23年から現在まで、長瀞天然水を伝統製法で天然氷を製造している阿左美冷蔵。秩父地方ならではの厳しい寒さの利を生かして大自然の中に作った「氷池」で約2ヶ月かけて冬の間に作られているそう。

下記の記事で氷池でどのように作られているか、取材されてるのでみてみるとその大自然の凄さが伝わるかも。

素材の味と優しい甘さがおいしいシロップ

f:id:maphoto:20160812111001j:plain

季節限定メニューやその日限定のバリエーション豊富な手作りシロップ。果実やあんなど、素材の美味しさが濃縮され、優しい甘さが天然氷と絶妙に絡む。

店舗メニューは随時、公式ブログでアップされているほか、店頭では手作りシロップそのものもテイクアウトで販売されている。

激戦必至の待ち時間 阿左美冷蔵 金崎本店

 ちなみにもう1店舗あり、本店は秩父鉄道上長瀞駅にある阿左美冷蔵金崎本店。寶登山道店で食べて、あまりの美味しさに帰りがけにもう一回食べたいと立ち寄ったのは14時ごろ。

金 崎 本 店
〒369-1621 埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1
☎0494-62-1119 10:00~16:30頃 木曜定休

噂通り2時間待ちくらい並んでおりまして、本店だけに注目度や来店者が集まるのかも。行くならやはり早めの時間で、日によるかもしれませんが寶登山道店のほうが空いてるおすすめです。 

それでは、また〜!

アイス関連記事