CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

カメラバッグの中身ってどうなってるの? 撮影時用ショルダーバッグを公開してみる

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170108003340j:plain

メインのカメラバッグ(リュック)の中に、撮影時によく使うものを別に分けてショルダーバッグに入れてるつるたまです。

インタビューや建築撮影、スポーツ撮影など常にリュックを背負っているわけではないので、THE NORTH FACEのショルダーにレンズや撮影中に使う小物などを整理して入れております。

はてさて、この中身何が入ってるか?!を、今回はご紹介していこうかと思います。

サブカメラバッグとして使ってる

購入したのが2年ほど前ですでに販売が終了。

現行品の近いサイズのものだとBCメッセンジャーバッグXSタイプになります。 

サブのカメラバッグの中身

f:id:maphoto:20170108004241j:plain

レンズ1本+ストロボ1灯、単三とカメラのバッテリー、メモリーカードブロアー、クリーニングティッシュと消しゴム。

レンズペンやブラシは各バッグに一本づつ入ってまして、このバッグにはHCL(堀内カラー)のものが。

他にはHAKUBAのレンズペンも2本ほど持ってます。

ブロアーはどこのだか忘れた・・・。

あと必ず各バッグに入ってるのが、クリーニングティッシュ 

ところで消しゴムがなんで入ってるの〜?っというと、スタジオによくある白い背景紙などの汚れを取るため。 

今回入れてなかったのですが、撮影によっては跡が残らないパーマセルテープか養生テープも持ち歩いております。

撮影時にごっちゃりしてるので整理したい。。。

f:id:maphoto:20170108004012j:plain

実際開けるとこんな感じ。ほんとその場ですぐ使える様にモロ出しで全部詰まってるので奥底が見えません。

f:id:maphoto:20170108004100j:plain

だいたい、バッグの奥底に散らばってるのでいざ使いたい時に単3の予備電池、それとカメラの予備バッテリーとか取り出しにくいんだな。。。

ってなわけで、今回新規購入したふたつのアイテム。

thinkTANKphoto AAバッテリーホルダー(8本)

f:id:maphoto:20170108005832j:plain

いままで使ってたサンワサプライ電池ケース(約260円)はいっぱい入るんだけど、横幅があるので、このバッグだとかさばる。

 そこで買ったのが、thinkTANKphoto AAバッテリーホルダー(8本)

f:id:maphoto:20170108010347j:plain

コンパクトにまとまるので(・∀・)イイ!!

 充電済みの時は向きを揃えておいて、使用後は互い違いに入れて見分けております。

thinkTANKphoto DSLRバッテリーホルダー2

f:id:maphoto:20170108010742j:plain

もうひとつ今回新たに購入したのが、カメラの予備バッテリー用のthinkTANKphoto DSLRバッテリーホルダー2。

f:id:maphoto:20170108010834j:plain

LP-E6N x2本をピッタリ収納できていい感じ。

 こちらの商品では2本ですが4本収納できるタイプや、プロ機用のバッテリーケースもあります。

thinkTANKphoto メモリーカードケース ピクセルポケットロケット

f:id:maphoto:20170108011333j:plain

もう4、5年使ってるのでだいぶ傷んでおりますがthinkTANKphotoのメモリーカードけース「ピクセルポケットロケット」

f:id:maphoto:20170108011634j:plain

だいぶ昔なので、CF10枚まで入れられるのがめちゃめちゃ重宝してたのですが、現行商品ではメモリーカードが大容量でも安価になった分、CF4枚にSD3枚入れられるタイプに。

ブライダルをRAWで全て撮っても32GB4枚あれば足りるのでほんと買い換えよう。。。

f:id:maphoto:20170108011812j:plain

このメモリーカードケースの一番いいところは、ストラップがついてるので落とさない様にくっつけられるところ。

メモリーカード落としたら大惨事なのでこれはすごくじつは助かるのです。

メインとサブのカメラバッグの使い分け

f:id:maphoto:20170108012355j:plain

今回ご紹介したサブカメラバッグの中身以外にも、レンズケースをそのままベルトにつけて、レンズ2本と予備バッテリーや小道具など入れ替えてつるたまは現場で撮影しております。 


現場に着いたら出すだけで準備完了!ケースを兼ねたバッグをメインのバッグに入れる

メインのカメラバッグにケースを兼ねたショルダーバッグがそのまま入ってるので、撮影現場に着いたらバッグの中からバッグを出すだけで撮影準備がほぼ完了。

機動力が上がったりスピーディーに撮影が行えるので、撮影前の時間短縮効果と撮影が捗る様になるのでオススメですよ〜!

それでは、また!

あわせて読みたい関連記事