読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory カメラと写真と好きなコト

写真をメインにつるたまが好きなことをあれこれ書いてるブログです。

キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMが中古で8万円代!

中古レンズ沼 canon 商品紹介・レビュー レンズ

f:id:maphoto:20160614181746j:plain
モデル 大川竜弥  撮影 すしぱく

コスパいい超望遠レンズ キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

望遠はサンニッパのみで、仕事じゃない限り70-200mmISも持たず
100-300mmなどコスパいいレンズで対処しているつるたまです。

この度、動画撮影で超望遠域が必要になりました。。。IS必須だわ(;・∀・)

っというわけで、望遠域で手ぶれ補正がついてるレンズといえば
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

現在はⅡ型も出ているのですが、マップカメラを見たら
中古で8万円代で買える!!

っというわけで
キヤノンEF100-400mmL ISが気になった時に試す方法と
新型旧型のポイント
中古でレンズを買う時の注意点をご紹介いたします。

キヤノンEF100-400mmL ISが気になった時に試す方法

f:id:maphoto:20160614182756j:plain

100-400mm 検索結果 - |マップレンタル

店頭のデモ機やキヤノンショールームでテストする方法もあるのですが
一番わかりやすいのは実際にレンタルして
屋外や、ご自身の撮影したい環境で試す方法。

価格差もあまりないので、年に数回使うくらいの使用頻度であれば
レンタルの場合は新型のEF100-400mm L IS USM Ⅱを借りるのが良さそうです。

 

年10回くらい使うのであれば購入したほうがいい!新旧型のポイントは

f:id:maphoto:20160614183223p:plain

キヤノン:大幅に画質が向上した超望遠ズームレンズ“EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM”

旧 EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USMが発売されたのが1998年12月
新 EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMⅡは16年経った2014年12月に登場

新レンズの進化のポイントは画質・手ぶれ補正・ズーム方式

蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズ1枚を含む16群21枚最新の光学設計により、
画面周辺部まで高画質を実現

キヤノン独自の新開発コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を採用し、
フレア・ゴーストを大幅に抑制

IS(手ブレ補正機構)が従来機種の1.5段分から4段分に

ズーム方式を直進式から回転式へと変更

上記のポイントが進化したポイントになり、
手ぶれ補正と撮影のしやすさを左右するズーム方式が、
直進式から回転ズームになったポイントは大きいので
画質を追求したいユーザーには最新のEF100-400mmLISⅡ(長いので省略します)をおすすめしたい。

中古で8万円代は魅力的!中古レンズを買う時の注意点

f:id:maphoto:20160614180350j:plain

キヤノン:サポート|EF100-400 4.5-5.6L IS USMに関する情報

使用頻度そんなに高くないし、どちらかといえばシャープな絵作りより
少しふわっとした写真を撮影したい。

そんなちょっと脱線したつるたまがおすすめしたいのが
やっぱり旧型のEF100-400mmLISなのです。

スポーツカメラマンを目指していた写真学生時代
サンニッパもまだ持ってなくて16万くらいで購入して重宝していたあのレンズ。

マップレンタルでの1日のレンタル料金が¥3700

仮に中古で¥88,800で購入して5年使ったとすると
1年で¥17760

17760(1年のコスト)/3700(レンタル1日)=4.8回

1年で5回以上使うなら十分買う価値ありのレンズになる!

サンニッパ買うために打ったけどやっぱり愛着あるし、
8万円代で買えるのならば欲しいのです。(中古の相場は86800-106800くらいみたい)


最後になりますが、
中古レンズや旧型レンズを買う時のポイントは修理対象期間

旧100-400LISは2021年8月まで修理対象ですが
それ以降は修理ができなくなります。

それを踏まえた上で買うならかなりお得なので
5年の運命と思ってポチるかどうか

今月タムロンレンズもいろいろぽちぽちするので
ちょっと考えながら買うかどうするか考えよっと。。

また、購入したらディズニーやフットサルで使用するのがメインになりそうですし
ゆる〜く何か書くかもしれませぬ。
それではまた!

プライバシーポリシー © 2016 TSURUTA MAKOTO. All rights reserved. http://one-cut.net/