CameraStory

写真とカメラとスキなコト

camera story by一瞬一撮

冬写真撮影に!Loweproカメラマングローブが865円〜なのでとりあえず持っておくといいかも。

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20171221102108j:plain

 

冬の写真撮影時、めちゃめちゃ手がかじかみますよね。

とはいえ、普通の手袋使ってるとグリップ力に不安。

amazonウィンターセールでLowepro(ロープロ)フォトグローブが30%引きの865円〜購入できます。

暖かさを求めるのであれば、7000円前後出して登山ブランドの指が出る手袋買うのが確実なのですが、普段使い用とは別に撮影用の手袋欲しい方や手袋無くした方向けにLowproフォトグローブとプロタクティックフォトグローブのご紹介です。

メーカー価格¥3980がamazon価格¥1236からさらに30%引き

f:id:maphoto:20171221060136j:plain

ロープロ フォトグローブ15 - ハクバ写真産業

まずはこちら、Loweproのメーカー公式販売サイト。

手の平側にはドットの滑り止めと、親指と人差し指が出るようになっているので、カメラの操作がしやすくなっています。

また、タッチスクリーンに対応しているので、指を出さずにスマホやタッチパネルを操作することができる優れものです。

その価格はメーカー公式販売サイトでは¥3,980で販売されています。

f:id:maphoto:20171221060541j:plain

続いて、amazonでLoweproフォトグローブを検索すると、通常定価¥1,236とめちゃめちゃ安くなっている上に、2017年12月21日時点ではレジで30%OFFのウィンターセール対象商品に。

f:id:maphoto:20171221060908j:plain

カートにポチって入れると30%オフの¥-371が適用され、¥865で購入することができます。

普段使い用の手袋は持ってるので、撮影がある日や撮影現場での待ち時間を凌ぎたい方は865円だしこれでもうコスパいいし十分じゃないかと。

普段使いもするならLoweproプロタクティックフォトグローブがおすすめ

f:id:maphoto:20171221061838j:plain

Loweproのカメラマングローブはもう一種類出ておりまして、プロタクティックフォトグローブという全面がブラックに統一された上位モデルがあります。

滑り止めがシリコンラインに代わり、指先の開閉時に操作の邪魔にならないようにマグネットタイプになり、デザイン的にもおしゃれに。

f:id:maphoto:20171221062554j:plain

プロテクティックフォトグローブも同様にamazonで検索すると、メーカー価格¥5,710がamazon価格¥2,238から...

f:id:maphoto:20171221062723j:plain

ウィンターセール30%オフの-¥671が適用されて、¥1,567に

どっちを買う?フォトグローブ¥865 vs プロタクティックフォトグローブ¥1,567

その差額702円

702円差なら....

 

...

 

..

 

.

 

 

Ahaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!

 

冬撮影の必需品Loweproプロタクティックフォトグローブが届きました! 

f:id:maphoto:20171221102057j:plain

 実際amazonで購入する際にS/M/Lサイズがありまして、実際のサイズがわかりずらく勢いで購入した部分もあるので、実際の採寸。

つるたまはおそらく手が大きい方で手の大きさ(中指から手首)で16.5cm

Mサイズも外寸でおよそ16.5cm

内寸や爪の分、若干指先が当たる感覚はあるのですが、実用範囲内だし¥1,567と普通の手袋とほとんど変わらない値段なので、そこは妥協点ではあるかなと。

f:id:maphoto:20171221102200j:plain

指先がしっかりでてくれて、そのほかの手や指は保温できるのが嬉しいポイント。

f:id:maphoto:20171221102246j:plain

もちろんスマホの操作もバッチリできるので、スマホでのライブビュー撮影や、待ち時間の暇つぶしなんかも手袋を外さずに行けます。

サイズジャストがいい方はフォトグローブのLサイズ。

Mサイズでぴったりな方や、つるたまと同じくとりあえず安いから妥協っという方はプロタクティックフォトグローブMサイズがお買い得なのでおすすめです!

撮影中は素手や滑り止めなしの手袋使ってるなら持ってると便利

f:id:maphoto:20171221102350j:plain

届いてみると、滑りにくくグリップ力もあるし、ロゴもそんな目立たず普段使いも全然イケる感じです。

撮影時のみ親指と人差し指出せるので、撮影の待ち時間だけでなく、撮影中にあまり手がかじかまずに撮影できるのは1、2月の冬の外ロケ撮影や風景写真時にも重宝しそう。

 

あとは勢いで行くかどうか...?!

1000円前後と割り切って何か買うついでとか、初日の出撮りに行こうと考えている方はとりあえずポチっておいてもいいのかも。

タウンユース向けで、これで雪山には流石に無理なのと、プロタクティックグローブが3000円以上の値段になってる時は保温性が高くなってる登山系ブランドの手袋を下記の記事から探すといいかと。

それでは、また!