CameraStory

写真とカメラとスキなコト

camera story by一瞬一撮 MENU

めっちゃ軽い!NissinカーボンスタンドLS-50C

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170922163925j:plain

ついにデタ━━━゚(∀)゚━━━!!

ストロボ撮影時のマストアイテムであるスタンド。

2本3本と持つとだいぶ重くかさばったり、コンパクトにしようと思うと高さが足りなかったり悩みのタネ。

そんなストロボ撮影時に役立つスタンドがNissin(ニッシン)からカーボン素材で発売され、めちゃめちゃ軽くて使えるのでご紹介していこうかと思います。

世界最軽量カーボン素材のストロボスタンド 

f:id:maphoto:20170922164438j:plain

NissinスーパーライトスタンドLS-50Cは、重さ575g。

脚やダボ部分はアルミで、センターポールにカーボンファイバーを使用。

従来製品よりかなり軽くなったのが魅力だ。

試しにEnduranceExtにさして持ち歩いてみたが全然気にならないくらいの軽さ。

収納時の長さは48.5cmなのでややEnduranceExtより出っ張ってはいるけども、ライトなインタビュー取材などにはかなり重宝できそう。

階段や段差でもライティングが組める便利なスタンドに進化

f:id:maphoto:20170922164831j:plain

特筆すべき特徴は、軽さだけではない。

足の高さを一本のみ調整することができ、段差がある場所でもスタンドを立てることが可能となった。

。。。が!写真の例では高すぎたので斜めってます(;・∀・)

f:id:maphoto:20170922165004j:plain

ボックスなど大きなストロボアクセサリー使用時は倒れにくいように、足を広げて重心を低くしてつるたまは使っているのですがこんな感じ。

全伸時最大高200cm!! NissinカーボンLS-50C

f:id:maphoto:20170922165216j:plain

パイプは5段階で全伸時は200cm

f:id:maphoto:20170922165410j:plain

今までつるたまが使用していたエツミコンパクトスタンド1700は伸長1900mmなので、100mmほど高くなた分、あともうちょっと欲しかったところに高さが届きライティングの自由度も上がる。

軽くても倒れない!ウェイトを固定できるグリップホルダー付きが嬉しい

f:id:maphoto:20170922165655j:plain

世界最軽量のストロボスタンドとして登場したNissin カーボンスタンドLS-50C

軽い分ストロボの重さやアクセサリーとのバランスが不安な点に上がるが、そこはさすがNissinさん!

マジックテープ付きグリップホルダーが付属しております。

f:id:maphoto:20170922165913j:plain

スタンドにグリップホルダーを装着しまして

f:id:maphoto:20170922165836j:plain

カメラバッグやコンビニ袋に入れたウェイトがわりのペットボトルなどをつけてあげれば・・・

f:id:maphoto:20170922165949j:plain

しっかりバランスが取れて倒れないっっ!!(・∀・)イイ!!

ちなみに最大荷重は1.5kgまでとなっております。

意外とNEEWERアンブレラホルダー安くていい

f:id:maphoto:20170922170336j:plain

スタンドにストロボを取り付ける際に必要なアンブレラホルダー。

amazonでみててなんか安くていいのないかなと試しに今度はNEEWERのアンブレラホルダーを購入。

f:id:maphoto:20170922170450j:plain

ネジ部分などは角ばっていたり若干コストカットかなと感じる部分はあるものの、950円で買えるしこれで全然良さげでした。

発売と同時に完売!!NissinカーボンLS-50Cは予約必須

Nissin カーボンスタンドLS-50Cは税込14,580円と比較的スタンドの中では高めの値段に感じますが、発売と同時に各店舗で即品切れして現在入荷待ちの状況。

噂では1ヵ月後なんて話も出ておりますし、すぐに欲しい方は

Nissinデジタルダイレクト本店
・フジヤカメラ

など、取扱店舗での予約がおすすめです。

またamazonなどに入荷したらこちらの記事を更新しつつTwitterでお知らせしますね。

それではまた!