CameraStory

写真とカメラとスキなコト

camera story by一瞬一撮 MENU

ソフトボックスとしても使えるroundflash ring(ラウンドフラッシュリング)レビュー

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170320190308j:plain

みんな使ってるroundflash ring気になってるつるたまです。

っというわけで、イメージビジョンさんにご協力いただきまして、RoundFlash Ringをお借りしました!

ソフトボックスとしても使えたり、シェアスタジオのイベントなどで重宝するのでご紹介いたします。

どうやって使うの?!roundflash ringレビュー

f:id:maphoto:20170320211036j:plain

RoundFlash Ringは丸レフの様に折りたためるので非常にコンパクトに持ち運びができる。

f:id:maphoto:20170320210950j:plain

袋から出して広げるとこんな感じ。直径:45cm、奥行き:16cmほど。

f:id:maphoto:20170320211428j:plain

広げた後は支柱の中央部の銀部分がマグネットになっており合わせるだけで、かんたんに組み立てが完了する。

f:id:maphoto:20170320211533j:plain

カメラにストロボをつけた状態で、持ちながら撮れなかったのでスタンドに固定したが、ストロボは上部から設置する。

f:id:maphoto:20170320211735j:plain

正面から見るとこんな感じ、これが近寄ってくるときの圧迫感はなかなか面白いものがある。

f:id:maphoto:20170320211814j:plain

レンズを中央部に入れ、中央の黄色のベルトで固定されるので、使ってる時にずれることなどはなく大きさの割にめちゃめちゃ持ちやすい印象。

f:id:maphoto:20170320211937j:plain

roundflashringの上にDishを乗せた状態で、大きさはほぼ同じ。

RoundFlash Ring実写レビュー

f:id:maphoto:20170320212237j:plain

シンプルに白壁でテスト。

RoundFlash Ringをつけてそのまま発光して見たが、影などもほぼなく、周辺もDishを使用している時よりも明るく出る。

f:id:maphoto:20170320212908j:plain

アップで撮るときれいにRoundFlash Ringの形が入る。

続いてはソフトボックス代わりにroundflashRingを使って見る

f:id:maphoto:20170320213259j:plain

斜め45°から一灯を設置。

f:id:maphoto:20170320213854j:plain

横からになった分やや影が出るものの、壁の距離を話してあげたりすれば、やや顔やストロボと逆サイド側にほんのりとシャドウをつけられるのがおもしろい。

roundflash ring & dishのストロボ2灯ライティング

f:id:maphoto:20170320214238j:plain

写真の様に左にring、右にdishを設置。

f:id:maphoto:20170320214613j:plain

サイドから挟み込むことで、正面にやや影を残しつつ輪郭を少しシャープに見せることができるので、クールなイメージが作りやすい。

f:id:maphoto:20170320214950j:plain

また、思いっきりサイドを向くと適正になるので、一つのライティングで2つのバリエーションでの撮影ができるので、影を残したくない場合は、横向きの写真などに挑戦して見ても面白いかも。

肌の質感がいい!roundflash ring

f:id:maphoto:20170320215444j:plain

実際roundflash ringを4パターンのライティングで試して見ましたが、アイキャッチだけでなく、肌の質感や髪部分のハイライトなど非常に魅力的に撮ることができた。

何よりも、コンパクトに畳めるので、持ち運び利便性は高く、シェアスタジオのイベント撮影など活用できる。(趣味でも屋外のロケで使用する場合は許可申請や要項を確認しましょう)

機会見て自分でもポチろうかと思います。

 それでは、また!

 Model yuka nishio