CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

お寺と散歩、ときどき写真 湯島聖堂・神田明神・湯島天満宮編

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170626010037j:plain

あじさいが見頃な今日この頃。

ディズニーの年間パスポートを買ってから、すっかりご無沙汰になっていたお寺と写真散歩。

気分転換に行ってみようかなと、御茶ノ水駅でおりてまずは湯島聖堂へと向かった。

 御茶ノ水駅 徒歩2分 湯島聖堂

f:id:maphoto:20170626010657j:plain

湯島聖堂は元禄3年(1690)に徳川五代将軍綱吉が儒学の振興を図るために創建。

大正11年(1922)湯島聖堂は国の史跡に指定。

翌12年(1923)関東大震災により入徳門と水屋を残し、すべてを焼失。

昭和61年度(1986)保存修理工事が行われ、平成5年(1993)三月竣工。

湯島聖堂略年表|史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会

f:id:maphoto:20170626011343j:plain

圧巻がありながらも、平日の日中訪れる人は少なく静かな時間を楽しめる場所。

f:id:maphoto:20170626010037j:plain

石段の横にはあじさいが咲いており、誰もいない風景を撮るにはもってこいの場所でもある。

f:id:maphoto:20170626011552j:plain

かつては幕府直轄学校で、門構えを見て佇んでいると合格祈願の絵馬に一筋の光が差し込んだ。

f:id:maphoto:20170626015843j:plain

ここまで綺麗に一点に入るのをみたのは初めてで、絵馬を書いた人の願いが叶った瞬間だったのかもしれない。

御茶ノ水駅から徒歩5分 神田明神

f:id:maphoto:20170626012245j:plain

湯島聖堂を出て、横断歩道を渡りまたすぐの場所にあるのが神田明神。

神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様。

縁結びや商売繁盛などで知られこち亀などアニメコラボのお守りなども扱っている。

f:id:maphoto:20170626012854j:plain

狛犬とのアングルが絶妙に決まる距離感にあり、縁結びだしちょっとここくるの恥ずかしいな・・っと思って避けてたことを反省したい。

f:id:maphoto:20170626013146j:plain

狛犬好きってフォトジェニックだなと思いつつ、一周してまた次の場所へと進む。

湯島天満宮まで歩いて行こう

f:id:maphoto:20170626013315j:plain

御茶ノ水近辺にある湯島聖堂・神田明神から湯島天満宮(湯島駅徒歩2分)へは歩いても10分ほどでいける。

湯島天満宮前にある鳥料理「鳥つね」がものすごく美味しそうで興味。

糖質制限してたりして、いまはいけないのだけどまた今度訪れた時は行ってみよう。

フォーリンデブはっしー 公式ブログ - 「鳥つね 本店」(湯島/親子丼)

 

f:id:maphoto:20170626014428j:plain

さて、湯島天神といえば合格祈願。

この日も修学旅行生がちらほら

f:id:maphoto:20170626014645j:plain

ここでもやっぱり狛犬を見つけては撮って見たり。

境内は広く、梅園付近では休憩して恋話に夢中な女性がいたり、休憩中のサラリーマンもいて、程よく緑がありのんびりできる。

ぼーっとしながら、家で煮詰まってたこと考えつつ、そろそろみんなでPhotoWalkしながらいろんな写真撮り歩いて遊ぶ時間も作りたいなと。

それでは、また!