読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory カメラと写真と好きなコト

写真をメインにつるたまが好きなことをあれこれ書いてるブログです。

エヴァンゲリオン新幹線に乗ったので画像をアップするぞ!

ノンジャンル

f:id:maphoto:20161216191718j:plain

ひさしぶりに新幹線を乗り換えてこだまに乗ったつるたまです。

エヴァンゲリオンファンならご存知の方も多い500 TYPE EVA PROJECTの新幹線。

1日に博多ー新大阪間を1往復だけしているのですが、たまたま出張で乗れたのでスマホだけど撮影した画像をのっけていきます。

今思えばなんで、一眼持ってたのに一眼で撮らなかったのか悔やまれる・・(´;ω;`)ウッ…

乗るなら博多6:36発こだま730号か新大阪11:32発こだま741号を予約

f:id:maphoto:20161216192235j:plain

運転日や時間は各自チェックして欲しいのですが、運転日カレンダーによると、エヴァンゲリオン新幹線は博多6:36発のこだま730号新大阪行きか、新大阪11:32発こだま741号のみ。

1日1往復しかしていないのによく乗れたな。。。っと奇跡の価値を感じつつ、もし出張や帰省で博多-新大阪間の新幹線こだまを利用するときは、この時間と号数を狙って見ましょう。

予約は、全然知らずに乗れたくらいなのでみどりの窓口などで普通にできまする。

車内もNERV仕様で激アツ

f:id:maphoto:20161216193005j:plain

座席や肘掛けは初号機仕様になっており、よくみると窓の上にもNERVのロゴマークが。

座席によっては、カーテンがATフィールドになっている様でここもチェックしたいところ。

そうそう、全席が初号機仕様ではなく、2号車のみ(?)で、あとは普通の座席の車両なのでここは調べたほうがいいかも。

車両紹介│500 TYPE EVA PROJECT│新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト│JR西日本

f:id:maphoto:20161216193500j:plain

通路を通って1号車に向かう途中、ドアの裏にもデコレーションされているのが確認できた。

新幹線内部を歩いているだけでもネルフを歩いてる気分になってめちゃめちゃテンションが上がるのです。

エヴァンゲリオン新幹線に乗ったら1号車両に操縦席が!!!

f:id:maphoto:20161216194004j:plain

500 TYPE EVA PROJECT、最大の魅力は何と言っても1号車!!

自由に入れるので是非行くべき。

平日の日中にも関わらずつるたまとほぼ同世代のスーツのおじさまたちがワラワラしてる。

f:id:maphoto:20161216194401j:plain

1号車にはジオラマが展示されており、

f:id:maphoto:20161216194453j:plain

見ているだけでもガチでわくわくするのですが、博多・小倉・新山口・徳山・広島・福山・岡山・姫路・新神戸到着前には、残酷な天使のテーゼがなり渚カヲル君の声で到着(駅によっては出発も)の自動放送がある。

http://www.500type-eva.jp/event/pdf/kaworu-announce.pdf

f:id:maphoto:20161216195907j:plain

フォトエリアもあるので、記念写真も撮れますよ!っといったところで肝心の実物大コックピットへ。

実物大コックピットは、整理券の予約が必要

f:id:maphoto:20161216200258j:plain

くんか、くんかかぎながら「キミ、LCLのにおいがするね。」といいたいところだけど、たぶんしなかったと思う実物大コックピットは、たまたま誰もいなくては入れたのかもしれないけども、通常は事前予約が必要な様だ。

コックピットコーナー入室応募(整理券ご予約)│乗車方法│500 TYPE EVA PROJECT

たまたま体験してる人をみたのだけどこれまためちゃめちゃテンション上がるので、エヴァンゲリオン新幹線に狙って乗るなら、上記のリンクから予約を是非!!!

乗車記念のプレゼントもあるよ

f:id:maphoto:20161216200655j:plain

1号車に行くと、乗車記念のプレゼントがもらえてステッカーとポストカード、リーフレットをもらうことができた。

グッズなども出ている様なので気になる方はエヴァンゲリオンプロジェクト公式サイトを要チェック!!

「鶴田さんヲタクなんですね。。。」と出張中にクライアントさんにドン引きされたつるたまがお届けいたしました。

www.500type-eva.jp

プライバシーポリシー © 2016 TSURUTA MAKOTO. All rights reserved. http://one-cut.net/