ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

ベリミニで思う抽選理論 相手は機械ではなく人、最後は運。

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20200117092223j:plain

毎回当たってて不公平だ。

10年くらい前、ミスマスやWishがやっている頃やっぱりそう思っていた時期があります。

ミスマスにハマってワンデーで通いあまりに外れまくって年パスを購入。

いつか肉眼で見たいと思いつつミスマスとWishは通算0勝50敗はしてます。

公平なんてない。だったらどうするか。今回はそんな記事です。

当たる人は当たり続けるし外れる人は外れるのはなぜか

抽選機に券種を判別できるほどの機能はなく単純に時間と割合で当たりが生まれると言われています。

この節を信じた上で話を進めますが、むやみやたらに様々な時間で抽選しても当たりません。

それは、ミスマスやWishで様々な時間に抽選してみた結果0勝で終わったので言えることです。

もし何も考えずに抽選して当たるのは強運の持ち主です。

当たる人が当たり続けるのは、当たりやすい法則が存在しているからだと考えます。

 

外れないための方程式を探す

外れまくってから抽選機のドロ沼に怨念すら感じるようになり、数年間めっちゃいろんなテストをしてきました。

その結果当たりやすい法則を見つけ過去に当たる方法を書いたことがありますが、参考にされすぎて一気に崩れました。

「1時間前のアプリが穴場」という説で、今そこを狙ってる人が増えすぎて外れるようになってると思うのです。 

 この当たった、外れたはディズニー系のフォロワーさん多いとTwitterのTLで自然と流れてきますし、Twitter検索するとなんとなく察することができます。

・何時頃
・何回目を抽選したのか
・アプリなのか券なのか

参考にするのは上記のポイントです。

ここ最近の傾向としては午後とかにもふらっと直前以外の回を当ててる人が目立つこと。

当たりやすいと言われてる「アプリで直前の回1時間前」に集中しすぎて外れるようになり、今までとは違う穴場が存在するようになってるのです....。

最後は運 

当たるコツはすごく簡単なことで、抽選機は機械なのでランダムで一定数を時間内に当たるようにできていますが、抽選しているのはベリミニを当ててみたい人です。

他の人が抽選しない回や時間、アプリなのか抽選所なのかを逆読みすること。

あくまで当たりやすい時間なだけで、例えば10組中半数近く当たってるのを目撃してますが、その半分は外れているということ。

そう、今日のつるたまです。

そして周り当たってるのに外れました。

最後は運、当たりやすい方法を探してみてください。