ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

犯人は「だって、メルカリよりカメラ安いんだもん」と供述。¥18500で一眼カメラを買ったお話

スポンサーリンク

品川 カメラ屋

2020年7月8日

犯人はいつも通り起きて、犬のケージを掃除してネットサーフィンを始めた。

これはなぜ事件が起きたのか、一部始終を紹介する中古カメラを衝動買いした記事になる。

あれ?このCanon EOS 60D安くない? 

ふと目に止まったのは、松坂屋カメラにある一台の中古カメラ。

2010年9月18日に発売されたCanonのデジタル一眼カメラEOS 60Dである。

主な特徴はバリアングルモニタ・1800万画素・連写性能は秒間5.3コマ

初心者から中級者へのステップアップにも優しいCAモードが搭載された機種だ。

つるたま「あれから、もう10年か....」

 

¥18500だと...!!!!冷静になれ....

安いと気付きつつも、このまま衝動買いでポチってはいけない。

そう思い、メルカリ、ラクマを開いて「EOS 60D」と検索する。

訳あり品はいてもその訳あり品よりも安いではないか。

Twitterに呟くことで誰かがポチって、自分が買えなくなる理由を探した。

 

使って売ってもその差額、レンタルするより安くない?

ふと頭の中に衝動買いを司る声が聞こえた。

「使ってから売っちゃえば、レンタルするより安いよ...」

え?そんなことある?

確かにメルカリの取引値よりも安い。

そして、声に導かれてマップレンタルを見て見ると、同機種は無いものの同シリーズは1日5000円、6日間レンタルで20500円だ。

ってことは、6日間使うことがあれば元が取れる!

 

そして品川に向かうと更なる誘惑が待ち受ける

品川駅から少し離れたマンションの4Fに松坂屋カメラはあった。

中に入るとパッと見ただけでも格安の商品が並んでいる。

なんか見落としてたお買い得商品無いかな...

っと探すと...!!!

 

Canon 手ぶれ補正付きのLレンズが¥39800!!!

EF300mm F4L ISは古いけれど銘玉である。

特にAPS-C機に付ければx1.6されて480mm

ディズニーでショーパレ写真撮るのにめちゃめちゃ使えるじゃん!!

しばらくスマホ片手にネットの値段を調べつつ、こちらは一旦思いとどまった。

 

すみません、取り置きした商品買いに来たんですが・・・

取り置きメールを開いたスマホを差し出すと「あぁこれね!まぁとりあえず座ってよ」と、どこのお店よりもフレンドリーに話してくれた。

カメラ店員やってたし、お客さんにもカメラ屋さんいたけどこんなカメラ屋さん見たことない。

めちゃめちゃ気さくに談笑して、¥18500と引き換えにEOS60Dを手に入れた。

このカメラ、実はつるたまがカメラメーカーで働いていた時に発売された思い出のカメラ。

だから、使うカメラというよりも手元に残しておきたくて狙ってたのです。

 

何よりも直すよりも使い捨てできるくらい安い!

高感度の耐性やカメラの性能をより求めるならば、やっぱり新しい機種の方がいいと思うのですが、使い方を分けてしまえば10年前のカメラでも結構しっかり撮影することができる。

つるたまはYouTubeと犬を撮る時にバリアングルあるの便利だし、何よりも机におきっぱなしにしていつでも犬が撮れたり、ディズニー撮影がAPS-Cで便利になればいいかなと購入。

ほんと気軽にポチッと買えちゃう時代になったので、安ければ買おうかなくらいの気持ちでアクセ薄すると思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

松坂屋カメラ

null

買う前にメルカリ見て安かったらそのときがかいどき!

使った後個人売買で手放せばレンタルするよりも安く使えるしお得感もUPするかも。

それでは、また。