読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory カメラと写真と好きなコト

写真をメインにつるたまが好きなことをあれこれ書いてるブログです。

安くて使えるストロボ機材!おすすめのスタジオアクセサリーまとめ

ストロボ 撮影スタジオ

f:id:maphoto:20161015160228j:plain

仕事でもほとんどクリップオンで撮影するようになったつるたまです。

簡易的なお仕事であれば、ほとんどクリップオンタイプのストロボで撮影が可能。持ち運びもコンパクトにできるので重宝しております。

さてさて、今回はストロボ撮影を始めた時に必要になるアンブレラやスタンド、背景サポートなど、安くて使える機材をまとめて紹介していきますよ!

 持ち運びのしやすいコンパクトスタンド1700 E-6742

f:id:maphoto:20161015192425j:plain

まずはエツミのコンパクトスタンド1700 E-6742。

4段式で収納時の縮長54cm、伸ばしたときの伸長190cm、重量1.3kg

f:id:maphoto:20161015193031j:plain

そして、別売りの機種が多い16mmダボが組み込まれているのが嬉しいところ。先端部分は1/4インチのネジ付き。

f:id:maphoto:20161015193154j:plain

このライトスタンドの魅力はスタンドの足部分が平面型でコンパクトに収まるので、リュックに刺すことができたり、スタンドを複数持ち歩く時にでもかさばらないのが最大の魅力です。

高さを出したいときの安定感がピカイチなライトスタンド2800 E-6741

f:id:maphoto:20161015193604j:plain

続いては、一般的なライトスタンドの形式のエツミ ライトスタンド2800。

こちらのスタンドは何が特徴かというと!!!

f:id:maphoto:20161015193717j:plain

上が暗くて見えなくなるほど高く伸びておりますが、伸長280cmと高さがかなり出せるのでライティングの幅がかなりひろがります。

4段のエアクッション式で縮長84cm。持ち運びできるギリギリのサイズでここまで高さを出せるのは嬉しいポイント。

こちらはダボが別売りで必要になりますが、お値段はamazonで約9000円ほど。エツミさんのスタンド、他社よりもかなり安く出ているので、かなり重宝します。

 

スタンドにストロボを取り付けるために必要なダボとアンブレラアダプター

f:id:maphoto:20161016163742j:plain

ストロボをスタンドに取り付けるために必要なのが、こちらのアンブレラアダプター。

メーカー品では3500円前後で購入できるのですが、UNPLUGED STUDIOさんが約2700円と安かったので購入してみた。

実際に届いた商品はネジ部分にキズ?というか凹みありだったが安かったのそのくらいなのだろうと妥協することにした。

他に価格の安いアンブレラアダプターとしては、上記エツミ アンブレラアダプターがある。

少しでも安い方がよければアンプラグドスタジオさんのアンブレラホルダーがおすすめですし、数百円の違いで安心感を求めるならETSUMIさんのアンブレラアダプターがいいと思います。

アンブレラアダプターとスタンドを接続するのに必要なダボ

 ダボってなんのこと?っと思っていたかと思いますがこちらのネジのこと。 このダボを使用してスタンドとアンブレラホルダーを接続します。

ライティングの使い分けができるコンバーチブルアンブレラ

f:id:maphoto:20161016165037j:plain

1本で反射式のアンブレラとしても、ディフューザーとしても使用できるのが、コンバーチブルアンブレラの特徴です。

f:id:maphoto:20161016165234j:plain

傘部分の取り外しができ、このようにディフューサーとして利用することも可能。

 3000円代とかなり安かったので33インチを購入しましたが、使ってみるとちょっと小さいので、メインとして使いたい場合は43インチを選択するとよさそうです。

その他、ボックスについては個別の記事でご紹介しております。

 

 出張撮影や自宅スタジオ化に役立つバックグラウンドサポート

f:id:maphoto:20161016165705j:plain

先方でのインタビューカットやポートレート撮影などに重宝するのがバックグラウンドサポートセット。(背景紙は別売)

段数4段、伸長2.8m、横幅は最大2.9mまで可能

f:id:maphoto:20161016165829j:plain

収納時の縮長は125cmで収納ケースが付属しているので持ち運びもしやすく、空いている時の電車ならこれで乗れそうかなという感覚です。

 

より本格的なスタジオ化したときにおすすめのブームスタンドE-6744

f:id:maphoto:20161016170500j:plain

頭上からのライティングや、ライティングの幅をもっと広げたくなった時に重宝できるのがこちらのブームスタンド

f:id:maphoto:20161015160228j:plain

上記写真のようにセッティングしまして、

f:id:maphoto:20161016170801j:plain

頭上や斜め後ろからなど様々なライティングが可能。段数2段 伸長192cm、ブーム部分伸長210cmで、ウエイト用バッグが付属。

 ストロボに慣れてより高度なライティングに挑戦したい方やお仕事で撮影するかたは持っているとなにかと便利です。

 

テザー撮影に便利なラップトップトレイ E-6749

f:id:maphoto:20161016171329j:plain

最後は、テザー撮影など撮影現場で役立つラップトップトレイ。写真は13インチのMACBOOKPROで、15インチまで対応。落ちないようにヘリがついていて安定して使うことができる。

f:id:maphoto:20161016171426j:plain

マウス部分は写真のようにネジで止まっており取り外しが可能。

f:id:maphoto:20161016171603j:plain

16mmダボ受けを使用してお持ちのスタンドや3脚に取り付けて使用することができるので、ハウススタジオや撮影先で、パソコンを置く場所に困ることがなくなるので、これも持ってると重宝しますよ。

ETSUMIさんからスタジオアイテムが増えております!

CP+でETSUMIさんが新たにスタジオアイテムを展開するとのお話を伺い、お借りしてご紹介するまで時間がかかりましたが、あとから出している分、価格かなり抑えめで、これからストロボやスタジオのアクセサリーを揃えて行く方にはお財布に優しく揃えられるかと思います。

アンプラグドスタジオさんのコンバーチブルアンブレラなども安くて重宝できるので、これからストロボ挑戦する方や買い替え予定の方は試してみてはいかがでしょうか。

それでは、また〜!

ストロボ関連記事

 

プライバシーポリシー © 2016 TSURUTA MAKOTO. All rights reserved. http://one-cut.net/