読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

2015夏 ポートレートもそろそろ終盤へ

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20150825231540j:plain

2015年夏のポートレート

すっかり肌寒くなってきた。
思えばいい日に海に出かけたのかもしれないなと
先日撮影した写真を見て思う。

東横線が止まり、帰宅が遅くなったので
今日は「誰かのためになる調べている情報」ではなく
個人的な夏の振り返りと秋にやりたいことをかいてみようかなと。

風のある海のポートレートが好き

f:id:maphoto:20150825231815j:plain

プライベートはひとりでいたくなりずーっと事務所にこもっていた。

新しいモデルさんからの撮影依頼があるものの
今自分がどんな写真が撮りたいか、迷っていたのもあり断っていたのですが
ポートレート専科で自分の方向性が見えて
巡り合わせか、モデルさんにも出会えた。

ひとりをずっと撮り続けたことは仕事以外ではなかったので
1年くらい四季やいろいろなシチュエーションで撮影をしていければと考えております!

 

静よりも動のポートレート写真

f:id:maphoto:20150825232655j:plain

静止した型を作るポートレートはあまり得意ではなく
であればつるたまは動いているシーンを取入れたポートレートを
秋冬はせめて行きたいと思っております。

2回撮影させていただき仲も良くなったところで
そろそろドSのつるたまの方向性を出そうかなと!

 

作品はモデルxカメラマンの共同制作

f:id:maphoto:20150825232920j:plain

久しぶりにテラウチマサトさんの行なっている「テラ写」というセミナーに参加。

その中で「作品とはモデルさんと一緒になって作ること」という言葉が
印象に残っております。

 

ポートレートをはじめた当初は
撮影中なかなか話せなかったりして、
モデルさんに撮らされていた。

自分が撮りたいと思う写真が出てきてからは
自分のライティングで主張が激しかったと思う。

 

ガッツり指示を出すよりも、
ある程度の曖昧さや遊びのある指示や
同じ1カットでも、モデルさんとカメラマンそれぞれが
いろいろな遊びをしながら共同で作って行けるといいなっと感じております。

 

人が撮らないタイミングで秋冬は行きます!

f:id:maphoto:20150825233524j:plain

ポートレート専科に参加できたことで
自分の写真の特徴をしっかりと認識することが出来たのが
今年の夏一番想い出に残りました。

誰もが思うベストショットのタイミングではなく
ちょっと外れたタイミングから、いいカットやシーンを探しつつ
秋冬のポートレート写真をまたスタートして行きます。

 

夏ギリギリセーフで海で撮影出来てよかった!

 

明日からはまた通常の記事に戻します(・∀・∩)

 

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」