ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

¥3500のNEEWER 185cm トランスルーセントジャンボアンブレラを使ってみた

スポンサーリンク

180cm ジャンボアンブレラ ジャン傘

amazonに転がる格安ストロボアクセサリー。

流石にストロボ自体は怖くて個人的にまだ買ってないのですが、ストロボアクセサリーはお手頃価格で使えるものが多く存在している。

そういえば買ってから一度も使ってないなと185cmのトランスルーセントジャンボアンブレラを使ってみたのでちょっとだけご紹介いたします。

巨大!ジャン傘 NEEWER 185cm トランスルーセント 

 広げてみて設置してみた感想はデカっ!!!

 限られたスペースだと一瞬で埋まります。

それでもどんな写真が撮れるのかめちゃめちゃ気になる訳です。

直径は72インチでグラスファイバーフレームを仕様。

重さ1.1kgで、大きさ重さがあるのでまずしっかりしたスタンドが必要です。

また、傘の大きさもあるので屋内屋外共に適用って商品紹介に書いてあるけどまず風あったらダメだし屋内専用でしょこれ...。

屋外で使ったらメリーポピンズのごとく、きっと空を飛べるはず...

 

もう一点の注意点はクリップオンストロボだと光量足りないので、モノブロックストロボ使っております。

クリップオンでも数発使えばいいのかもしれないけれど。

 

光が柔らかいので影がつきにくい

f:id:maphoto:20190419222447j:plain

通常ソフトボックスなどで撮影した場合、人物と背景の距離に差がない場合

影がこく出やすくなりますが、人物の背景にある影がかなり柔らかくなっております。

人物と背景の距離を稼げるときはいかようにもできるけれど、限られてる場合ここまで柔らかければ切り抜きするのに問題ないしそのまま使ってもいいしいいのかなっと。

 

アイキャッチがしっかり入る!ジャンボアンブレラ

f:id:maphoto:20190419223059j:plain

もう一点のいいところは、引きの写真でもわかりやすいのですがアップだとより感じる部分。

アイキャッチがめちゃめちゃ綺麗に入る!

これだけ入ってくれればかなりいい感じだけども、欲を言うとやっぱり大きいスタジオで、もう1~2サイズ小さいアンブレラ加えて、185cmアンブレラと二つの強弱いれたさもあるなと。

あとかなり肌の感じもきれいに出てて個人的に好きかも。

 

注意点は発光量と貸切や個撮に限る

なかなか持ち出さなかった理由になるのですが気になるのはやっぱりこの大きさに対して必要な発光量。

クリップオンでフル発光していたらすぐバッテリーなくなりそうだし、テンポよく長時間撮影するの辛そうだなと。

もう一点は、以前コスプレ系のスタジオシェアでこのサイズのアンブレラ使ってた人がいたのですがそれはもう控えめに言ってもものすごく邪魔だったわけです...。

みんな限られたスペースでシェアしてるのに、映り込むしきれないしほんとこのサイズ使うなら貸切でやってくれと切実に思うのです。

こう言った条件はつきますが、モノブロック持ってる人には3500で使えるので試しやすい価格

肌感やアイキャッチ試してみたいって人には面白いかもですね。