CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

CP+にいた美女コンパニオンの撮影会に行ってみた。

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170622152850j:plain

2017年2月23日に公開した記事

この記事をみて、「釣られた!」「美女コンパニオンが写ってないじゃないですか!」っと某コアラアイコンの方からご指摘を受けまして、大変お待たせを致しました。

f:id:maphoto:20170614220345j:plain続編があるのでご期待ください!!

っといってからなかなかタイミングが合わずだったのですが、先日Sandiskさんのブースにいた美女コンパニオン生田ちむさんの撮影会に行ってきたので今度は写真ありでご紹介しようかと!

なんで生田ちむさんの撮影会に行ったのか。

f:id:maphoto:20170622152907j:plain

 

CP+にいた美女コンパニオンの中でも、Sandiskさんのブースが好きな人もいればSonyやTamronなど各自もっと見たかったモデルさんいっぱいいると思うのです。

なんで生田ちむさんの撮影会にしたかというと前述したCP+の記事で写真お借りしたお礼を兼ねて。

f:id:maphoto:20170614220345j:plainあとは単純に好みです(`・ω・´)

自分がいいなっと思った人が撮影会やってたら行ってみるといいと思うんだ。

 

 

ドリームガール撮影会に申し込んで見た

f:id:maphoto:20170622152857j:plain

 

今回参加したのはドリームガールズ撮影会

1ヶ月くらい前に申し込みして、申し込みが完了するとメールが来る方式。

会場候補地が3箇所ありまして、どこで行われるかは前日にTwitterで告知。

f:id:maphoto:20170614220345j:plainプラネアール駒沢なら近いし楽。でも代官山にいきたい・・・

そんな願いは叶わず前日のTwitterで広尾スタジオでの開催が告知されたのでした。

当日:あっという間の1時間

f:id:maphoto:20170622152959j:plain

当日、広尾スタジオに行きまして予約時間になるのを待ち、中に入ると「こちらになります!」と部屋へと案内される。

通常お仕事の撮影であれば、事前にどこで撮るかどんな場所かどういうカット撮るかを決めてから望めるし、実際撮影時間の前にセット組める。

撮影会の場合、予約したその1時間ではじめて場所を見て直感で決めてセットして撮影してセットをバラすまでが1時間。

f:id:maphoto:20170614220345j:plainこの部屋で撮るのか・・・?(このベッドとかやばくね・・)

生田ちむさんがきてちょっと話した後、瞬殺で外に出ました。

かわいいよりもキレイ系な大人の女性に挑戦

f:id:maphoto:20170622152915j:plain

生田ちむさんはレースクイーンをしていて、身長165cmなんですがめっちゃスレンダーで脚が長い。

 

f:id:maphoto:20170622152832j:plain

話しながら撮影してると「普段かわいい写真多くて、かっこいいとかキレイ系の写真ってイメージ合わないみたいで難しいんですよね」っ的なお話が出まして

f:id:maphoto:20170614220345j:plainスタイルいいし全然いけんじゃないすかっ!

っとちょっとストロボを外に出して撮影。

ストロボもって返ってきたら

f:id:maphoto:20170622152850j:plain

「おかえりー!」って玄関先で言ってて

f:id:maphoto:20170614220345j:plainなにこのシチュエーション!!めっちゃかわいいしずるいからちょっともっかい!

って撮ったのがこの写真。

玄関先にかわいいこが待ってるって萌えません?

写真だと伝わらないかもしれないけど、これめっちゃリアルで見ると良かったんですっっ!!(個人的な主観)

あ、でストロボの写真は下記

f:id:maphoto:20170622152841j:plain

笑顔だとかわいいけど、髪アップにしたり仕草によって結構大人っぽくかわったり振り幅あるな〜っと思いつつ、あれこれしてる間に時間の半分が終了。

とりあえず部屋でもとってみよう

f:id:maphoto:20170622152942j:plain

子供部屋みたいな感じだったのでどうやって削ろうかなと思いつつ、定番のカーテンでの一枚。

光がふんわりしてたりして、カーテンで撮るの好きなのです。

f:id:maphoto:20170622152925j:plain

その流れで、座ってもらって撮る。

あんまり何もポーズ指示しなくてもサクサクっとポーズ変えていただいたり、スタイルの素敵な見え方知っていてさすがだなっと。

f:id:maphoto:20170622153009j:plain

立ち〜座りからの、寝っ転がってるカットもOKとのことで寝っ転がって撮影。

f:id:maphoto:20170622153018j:plain

寝っ転がって部屋でだらけてるくらいのノリいい表情でておもしろいな〜っと撮っているうちに時間終了。

1時間で組んで撮って片付けるって練習になる。

撮影後、写真をちむさんにお送りするとブログでご紹介いただけたりTwitterに乗っけていただいたりして嬉しい限り。

撮った写真喜んでもらえるっていいなっと。

撮影会参加して見て感じたのは「直感で撮る練習になる」っということ。

与えられた条件でどう撮るかって写真の勉強になるしおもしろい。

まだ撮り足りないくて「ちゃんと撮れなかった」っと思う部分があり、またロケーションいい場所を狙って行ってみようかなと。

ってわけで、写真クラスタの皆様。

SNSでモデル探すのもいいけどたまには撮影会いくと世界が全く違すぎて、素や原点に帰れるので行って見てはいかがでしょうか。

生田ちむさんの写真もっと見たい方は下記のギャルパラに載ってるそうですよ!

それでは、また!