ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

CP+で即買いを決めたのはTAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20190228221322j:plain

2019年CP+初日、今回は月刊カメラマンのメディア「Webカメラマン」で動画撮影や編集、取材でお手伝いすることに。

例年ならみていないメーカーもみつつ、個人的にこれは即買いするなと決めたのはTAMRON 35-150mm F2.8-4でした。

展示ケースのみでまださわれない

f:id:maphoto:20190228221706j:plain

TAMRONから発表された

35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD(Model A043)ニコン用・キヤノン用
SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045) ニコン用・キヤノン用
17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046) ソニー Eマウント用 (35mm フルサイズ対応)

3本のレンズは展示ケースの中でまだ触ることができなかった。

なのになぜ、つるたまは購入を決めたのか。

魚住誠一さんのトークイベントでみた作例がかなり使いやすそうで(・∀・)イイ!!

唯一この35-150mmで撮影されたレンズの写真を観れる機会が魚住誠一さんのトークショー

実際につるたまがポートレート撮影で使う画角は35mmと85mm

ここに135mmを最近足そうと考えており、135mm f4でも十分に好みの絵作り!

35-150mmが気になる方は、ぜひ下記スケジュールのトークショーをチェックしてほしい。

3/1(金)10:45~11:25、17:10~17:50
3/2(土)10:45~11:25、17:10~17:50
3/3(日)16:20~16:50

 

ポートレートレンズってうたわれてるけど実は街撮りやスポーツにもいいんじゃないか説

このレンズはどんなところで使えるだろうか?

まずは屋外が出てきて、スタジオでは難しいか?

いやそんなことはない、全身・半身・アップまで使えるので舞台のビジュアル撮影も撮りやすくなるなと。

また、35mmの街撮りやスナップが好きなのですが、サイズもそこまで大きくないのでレンズの付け替え無しにアクセントや気になったポイントを撮影する町歩きにも向いていそう。

さらに、考えてみたら24-70mmをプロレス撮影で一番よく使っているけども、それってカメラ一台で撮影しているからで、超広角と35-150mmの二台体制にすれば超広角は場外のみで、リング内はほぼこれで撮れるし今まで小さかったと感じたシーンも撮れるしこのレンズ実はめちゃめちゃつるたまの撮り方に向いてるんじゃないかと思ったのです。

 

発売予定時期は2019年中頃ってことは夏〜秋?

EOS RやRPにマウントアダプタにつけてもコンパクト

5Dシリーズなどにつけてもしっかり使えそうな両方のバランスを取りF2.8-4のサイズ感になったのではないかと予想。

もし夏〜秋であればディズニーハロウィンにも間に合うし楽しみなレンズです。

f:id:maphoto:20190228223652j:plain

余談ですが、BenQさんブースに展示されている山写さん監修ファイントラックのウェア。

70-200mmも入るしこれ現場でめちゃめちゃ重宝できそうなので、受注生産ですがこちらも色が黒があれば買う予定です。

山写さんがいるときに聴くといろいろこだわりのポイントなど、ただみただけじゃわからないこだわりを聞けるので、セミナーのあとなどにぜひ質問してみてくださいね!