CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

脱サラしてカメラマンに!夢と現実と気になる年収のお話

スポンサーリンク

 

f:id:maphoto:20140812222759j:plain

フリーカメラマンとして活動をはじめたのが2007年
最初は二足のわらじで生活をしておりましたが
フリーのみになってから4年が経過致しました。

「カメラマンの年収ってぶっちゃけいくらなの?」っと
よくご質問頂いたり、これからフリーになる人も多いのでちらっとだけ。

 

 

今回までのお話はこちら
1話 写真学校でびりだった僕がカメラマンになった方法 - 元カメラ販売員のカメラマンブログ 

2話 写真を仕事にする!初心者でもカメラマンデビュー出来るかもしれない方法 - 元カメラ販売員のカメラマンブログ

 

かけだしだからと仕事が欲しくて安売りしない!
1、2年目に描いていた夢

写真やっている方で「少ないんだけど5000円で撮ってもらえない?」っと言うお話
聞いたことあると思いますが聞いたことがある方はちょっとご注意を。

好きなときに仕事して、たった2、3時間で数万稼げるし
カメラ買っても経費で落ちるんでしょ?
俺もカメラマンになろうかな。

な〜んてお話、しょっちゅう頂きます。
否定せず「そうなんですよ〜。早くカメラマンやった方がいいですよ!」
っと、さらっと答えてますがその話を早く終わらせる為の大嘘です。

毎日社員のときより忙しく働いているのになんで収入ないんだろ。。。
っと見つめ直して気づいたこと。

実際はじめてから、2、3時間撮影してはい終わり!なんて仕事は存在せず
ひどいと、そのあとの2、3日の作業も含めて
その金額でやらなければならなくなります。

。。。っと考えると移動時間や作業時間を含めて考えると
実質1日12時間やっても日給8000円を切るお仕事ってじつはよくあり
仕事が欲しいがあまり「空いてます!やります!」と答える前に大切なこと。


何をどのくらいの点数撮影するのか、
納品状態は全画像か、セレクトのみか、
レタッチや加工を含むのかしっかり聞いて、

トータル移動 撮影 作業 の時間を含めて金額を交渉したり、
自分の中で1時間最低○○○○円のボーダーをしっかり引いておくと
あとで生活が苦しくなるリスクがちょっと減ります。

 

今だから若干かけますが、1年目200万以下でした。
その覚悟と貯蓄、大事です。

 

まとめ:3、4年目にようやく、継続は力なり。

カメラマンの収入は、ジャンルにより十人十色だと思いますが、

1日単価(件)x かかる日数=金額 

上記の計算式をもとに、1件1日のモノもあれば2、3ヶ月かかるものもありますが
2〜30万円くらいの案件を
現在受けさせて頂いております。

1日のサイクル
・5:00~8:00 作業or撮影
・10:00-19:00 撮影
・20:00-24:00 作業 or MTG or セミナー講師
上記の3つのサイクルで仕事やMTGを割り振ることで
時間の効率化が出来、一日に2〜3社のお仕事ができるようになってきました。

わたくし自身、メンタルが弱く空いてるスケジュールを全て埋めてしまう癖があり
休みがなく「顔色悪いよ!そろそろぶっ倒れるよ!」っと言われることも多いですが
これからカメラマンでもなくても独立して働きたい、
かけもちで時間を有効的に使いたい方など、参考になれば幸いです。