ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

もっと違う写真が撮りたい!カメラのこと勉強したい時に役立つ「写真のことが全部わかる本」

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20180320173001j:plain

写真やカメラのことで気になることがあった時、ググっていたらStudio9にたどり着いた。

何かを調べるとだいたいのことはStudio9に書いてあり、愛読者の方も多いはず。

そんなStudio9 中原さんから「写真のことが全部わかる本」を献本いただきまして、読んでみたらカメラ買う前からこの本読んどけば、だいたいのことはググらなくても撮れるようになると感じたのでご紹介いたします。

カメラこれから買いた人も読んでおくと好きな写真が撮りやすくなる 

f:id:maphoto:20180319143403j:plain一眼レフとミラーレスの違いってなに?

そんな、初歩的なところから始まりお店で聞いたり友人に相談したりするかと思います。

この一眼レフとミラーレスの違いから、購入前にチェックしたい使い勝手に関わるカメラのスペックなど、お店で聞かなくてもこの本読むだけでわかります。

初級:自分だけの視点で目の前の世界を切り取る

まず初級編では難しいことを考えるよりも撮る重要性や、「なにを撮っていいかわからなくなった」時の為に、簡単なテーマ例えば赤色をテーマにスナップするなど楽しみながら撮ることに注力されて書かれています。

構図やズームレンズ両端の使いこなし、視点を変えることでの写真の見え方の違いなど写真付きで紹介されているので、めちゃめちゃわかりやすく書かれているのです。

中級:カメラとレンズの仕組みを理解して楽しむ

カメラに慣れてくるとぶつかる壁が、色やピント、ボケとシャープの使いこなしや撮影モードなどのカメラの設定。

中級では、印象を決める露出補正やホワイトバランスを使っての色の表現。

ここ最近知らずにやっている人が多いF値開放ボケボケ写真から、どのくらいの絞りがその情景を入れて適切に撮れるのかなど掲載。

シャッタースピードや広角・望遠レンズを活かしてどう撮るかなど、これブログ記事そのまま乗っけてたら本出すよりPVも収益出るのでは...って思ってしまうほどの内容が濃く詰まってます!!

上級編:知識とアイディアの組み合わせで写真をさらにオリジナルに

上級編では、どこかでみてこういう写真撮ってみたいなと感じた写真作例がたくさん掲載されており、その中から気になった写真があれば、どう撮ればどう撮れるのかなどビフォーアフターの写真のように数多く掲載されていて、失敗写真を未然に防いで答えを導き出してくれます。

f:id:maphoto:20180319143403j:plainこんなに作例写真詰まってるなんてめちゃめちゃ時間かけててすごいな...

 

Studio9のアイディアが詰まったググるよりも読んだ方が早い一冊

 Studio9中原さんだからこそ、今写真やカメラで困っている人がどんな情報を知りたいのか、どんな写真が撮りたいのかをまとめた一冊になっております。

撮りたい写真を言語化してキーワード入れてググって調べるよりも、この一冊ペラペラめくってこの写真撮りたいなと思ったら、みながら同じ焦点距離や設定で真似すれば撮れてしまうほどわかりやすいので、直感的に覚えることができます。

いつもの自分と違う視点で写真が撮りたくなった時やもっと写真上手に撮りたいと感じた時は手にしてみると、写真の幅が広がりもっと楽しくいろんな写真撮れるようになりますよ!

それでは、また。