読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

カメラマン月収100万円で得たモノと失ったコト

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20150411174220j:plain

フリーカメラマンとしての在り方とは

これからカメラマンになりたい人へ

フリーカメラマンになって、8年がたち
波のある職業ではありますが、一時的に月収100万円を超え。

自営業者としては人の3倍稼がなければいけないわけで
ようやくスタートラインに立てた気がします。

写真のギャラはどんどん安くなり、そして仕事が減っていく中
どうして100万円を超えたのか、
これからカメラマンやフリーランスになる人に伝えられればと
少し書き綴ってみようかと思います。

 

撮影依頼でカメラマンをお探しの方へ
下記のポートフォリオからご相談ください

http://one-cut.net/

生活もままならないフリーなりたての頃に学んだこと

以前にも少し書きましたが2007年に独立

camera.one-cut.net

 はじまってすぐの頃は喰えずに兼業のかたちで
カメラマンをはじめました。

このとき学んだリサーチや価格交渉などの話術が
いま、ものすごく生きていると思う。

カメラマンとは自分の写真を金額に変えるお仕事で
クライアントさんがどんな写真を望んでいて
いくらくらいが折り合いなのか察して交渉することが必要になります。

 

1企業として考え、1日いくらを稼がなければ行けないのか

f:id:maphoto:20150411175012j:plain

2010年に兼業を退職し、カメラマンのみに絞ることに。
そのときに考えついたことは、
・いまじぶんが、1日いくら稼がなければならないのか
・その仕事は本当に1日で終わる撮影なのか

その当時の1本辺りの単価は16000-25000円

1案件で考えられることが多く
例え1、2時間の撮影でも6時間の撮影でも
同じ単価で計算されておりました。

1、2時間の撮影であればその日1日あれば
RAW現像やレタッチなども終わることもあります。

4時間や6時間の撮影の場合、
その後作業で1、2日かかってしまう為
到底この金額では合わなくなります。

 

作業を含めて、1日単価いくらなのか明確に設定することが大切です。

 

金額を設定すれば、
あとはその仕事がどのくらい時間がかかりそうなのか
商品であれば定価がいくらなのか
料金を設定することが出来ます。

 

ちなみにわたくしの場合の料金例ですが
単価¥35000〜
5時間撮影の場合 ¥55,000
8時間撮影の場合 ¥88,000で計算しております。

f:id:maphoto:20150411175339j:plain

「他の人はいくらだから、それより安く」

と言うお話がきた場合
料金の内訳(撮影+作業時間など)や
自分自身の付加価値を提示することで
値段の叩き合いをさけることも出来ます。

先方が安く撮れる人を探している場合
もし、自分じゃなきゃ撮れない写真でなければ
潔くひいてみたりするのもひとつの方法かなと。

 

月収10万円もあれば月収100万円もある。安定とはなにか?

毎月固定で頂けるお仕事はなかなか珍しい物で
月約10万円は固定で頂いているお仕事があります。

毎月決まって頂けるところは単価が安く日数もその分多かったりします。

例えば 10-19時勤務のお仕事であれば
朝5-9時と夜20-24時の合計8時間は何か違うことが出来る。

コアタイムである10-19時を撮影にあて、
朝の時間は連絡や作業
夜は打合せや作業に当てるように時間サイクルを調整。

例え単価が少し安いお仕事であっても
マイナスにならない時間内で終えて
その分違う8時間で1日の単価を取り返せればいいと考えはじめました。

f:id:maphoto:20150411175722j:plain

カラダはひとつ、仕事はふたつ

撮影以外にもブログやYouTubeを続けていくうちに
ライター業務や動画撮影や制作などWEB系のお話も増えてきて
順調に1日3万円を稼げるようになっていき
最近目標であった月収100万円に到達。

 

お金じゃ満たされないもの、そして失ったコト

がむしゃらに働いて、好きな物は買える
ブランド物やカメラ機材を買うことも出来る
でも、満たされないなにかがあった。

月に1、2日休めばいい方で朝も夜もほぼ仕事。
気づいたときには、プライベートは破綻し
満たされない虚無感を埋める為に仕事に打ち込んでいた気がします。

友達と過ごす時間や、誰かと話すこと
そして、収入ではなくもっと好きなことして生きて行くという志・・・

 

これからフリーランスや独立するひとへ

1日の単価計算や交渉術を身につければ
駆け出し時は難しいですが5年後10年後
信頼を得たときにきっとつながっていくかと思います。

そのときまでにぶっ飛ばされることや、
ぼろぼろに叩き潰されることもあるかと思いますが
何度となく這い上がる気持ちが大事じゃないかなと思います。

そうしていくうちに、波のある収入面でも
メンタル鍛えられて浮き沈みしなくなるかと。

あとプライベートは大事にしないと
取り返しのつかないことになりますね。。(^^;

 

今回の記事は下記のTABILABOさんの記事を読んで
思うことがあって書いてみました。

tabi-labo.com

 

俺の幸せってなんだろな。。。

4月から一回リセットして
新たにやりたいことをやりはじめました。
まだ誰もやってない、おもしろいコトしていきたい!

4月13日追記
写真に関して気にされてる方が多い様なので追記。
アイキャッチ画像以外はわたくしも”つるたま”として参加させて頂いている
ぱくたそさんの写真お借りしており撮影はすしぱくさんです(・∀・∩)

www.pakutaso.com