ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

いつのまにか、遊び方を忘れてしまった。

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20190830224922j:plain

忙しい時には2ヶ月で2日しか休みがないこともある。

個人事業主であるフリーカメラマンがたくさんいる中で、そこまでお仕事をいただけるというのはありがたいこと。

その反面、いざ休みになると何していいかわからなくなる。

今回は最近のつるたまとこれからのお誘い的なブログです。

最近、月に5~8万円くらいクレーンゲーム修行してる 

ゲームセンターにあるクレーンゲーム。

買えば1500円くらいなのですが、やっぱり自分で取れるようになりたいと修行を始めたのは5月くらいだっただろうか。

ワンピースのトラファルガーローのフィギュアを8000円かけてようやくとって

それ以降も4000-5000円で一個取れるかどうか。

たった3ヶ月の間に運が良ければ200円でQ-posketを取れる技を身につけたものの、普通の撮り方であればやっぱり一体2000-3000円はかかる。

ここをどうにか1体1500円平均まで近づけたいと修行を続けたものの、気づけば1回ゲームセンターに行くごとに約1万円は使い月に5~8万円は使っていた。

うん。たった3ヶ月で20万前後。

って振り返ってみてびっくりする。

 

ほしいわけじゃなく、ただひたすらストレス発散でやっていた

元々は欲しいけど取れなくて上手くなりたいから始めたこと。

早々にほしいフィギュアは既に持ってるしいつの間にか複数のゲーセンに通い同じフィギュアで繰り返し取るようになっていた。

気づけば部屋にフィギュアが溜まっていき、最初のうちは売っても二束三文だからと無料であげていたけど、調べてみると買取価格でも2000円超えているものもあって一つ1000円や、ゲーセンでなくなった頃をみて買取屋さんの値段を調べつつ手放す方向にチェンジした。

気づけば欲しいというより「取りたい。上手くなりたい。元を取り返したい。」に変わっていき、それが唯一のストレス発散だったのかもしれない。

 

なぜここまでクレーンゲームにハマったのか

振り返ってみれば、彼女ともう1人をのぞいてほぼプライベートで人に会うことがない。

1ヶ月を振り返ってみても仕事と彼女以外で会った人は片手で足りる程度だ。

過去を考えると、飲みに行ったり焼肉屋お寿司行ったりブロガーイベントがあったり新しい人にあったり親交を深める機会はあった。

だんだんと人に会う時間が無くなっていくうちに一人の時間にやることが、もうクレーンゲーム以外無くなってしまっていたのだ。

 

ブログやポトレ、焼肉飲みの時間を取り戻していこうかと

数年前のつるたまは、彼女や友人と遊ぶよりも毎日ブログ更新したい派でした。

ここ最近失われた感覚で、もう欲しいものがなくなってしまったっという課題があった。

今欲しいものといえばレンズベビーオムニとLiecaQシリーズ。

多分きっと何か記事を書くとすればこの二つ。

うっかり中古のLeicaQなら4,5ヶ月何もしなければ買えるのかと予想もついたところでクレーンゲームのセンスのなさも思いっきり感じたので、今後は節約?モードに入ります。

結局のところゲーセンで散財するなら全然焼肉行けるし、めっきり弱くなったけどお酒を飲んだり誰かと会う機会をまた増やしていこうかと。

ポートレート撮影もそろそろまた増やしていければと思いますので、平日ご都合会う方優先にはなりますがクレーンゲームいくくらいなら写真撮って遊ぼう!ってモデルさんや写真散歩できる方いましたらお教えいただければ幸いです。