ULTIMOFOTO

写真とカメラとスキなコト

ULTIMOFOTO 一瞬一撮

つるたまが2019年今年買ってよかったもの10選

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20191209052719j:plain

もう今年大きな買い物しないだろうなというところで、2019年今年買ってよかったものを!

最初に振り返えると、LeicaQ欲しいなと思ったはずなのにスニーカーとクレーンゲーム に次こみまくって、結局LeicaQ2買える異常に突っ込んでしまい買ってません(;・∀・)

それでは今年買った10選です。

 スニーカーの防水スプレー

[クレップ プロテクト] 防水スプレー 6065-29040
 

まずはカメラ以外のものからご紹介。

記事化していないのですが、今年めっちゃスニーカーにハマっておりまして雨の日にスニーカーが濡れて足下グッチョリってテンションダウンしますよね。

出張中でおなじスニーカー履き続けないといけないとなるともう最悪。

そんな時に活躍してくれる防水スプレー。

瞬間的にですが水たまりに入って「あっっ!!やっちまった!!!」っと思ったのですがクレップのおかげでセーフ。

注意点は室内でやって肺に入ると呼吸が苦しくなるので、必ず外でやって一気にいろんなスニーカーにやらないこと。

地味に苦しくて調べたらそれで死んじゃうこともあるそうで正しく守れば雨の日も安心。

 

新車みたいにピカピカ!CCIスマートミストはめっちゃあたり! 

新車みたいにピカピカ!光沢撥水コーティング剤CCIスマートミスト 雨や埃にも効果的 - ULTIMOFOTO

月約1500~2000km走行。 高速道路での移動が多い為月2,3回は洗車。 ガソリンスタンドのコーティングサービスも気になるもののなかなかいいお値段。 自分で何かできるのないかなと思っていたところ、このCCI スマートミストを進められて使ってみたところ、使えば使うほど車がピカピカになって楽しい! ...

ガソリンスタンドによく貼ってあるコーティングそろそろかけようかな。

でも高いなと思ってた時にスターダムの村山レフェリーに教えていただいたのがこのスマートミスト。

洗車後にかけて吹き上げるだけで、繰り返し使うことで本当だんだんピカピカになるので車乗るのが楽しくなる!

じつはつるたまが乗ってる車、塗装が剥がれる問題(リコールではないらしいけど)があって、今月塗装塗り直しになるのです。

ってことはガチで塗り直したばっかりの車にやったらピカピカじゃん!やったぜ!くらいの勢いでルンルンなのですがスマートミストして、新車の輝きを取り戻そうと思います!

 

充電が楽になるヘーネルキューブ

へーネル プロキューブ2はCanon Nikon Sonyなど複数バッテリー充電が便利! - ULTIMOFOTO

カメラのバッテリー充電。 購入時に付属してくる純正充電器や別売のメーカー純正品はバッテリー1つづつ充電するもの。 複数本バッテリーを持っているとつい充電し忘れや、蛸足つけても充電器が嵩張ったり厄介なもの。 購入してからずっと使ってて全く記事書いてなかったのですが、hanel procube2 のご紹介です。(記事写真はCanon用ですが、製品はNikon用 Sony用 OLYMPUS用があります)

ここからはカメラ関係に。 バッテリーの充電、メーカー純正だと場所取るしなんかいい方法ないかなという時に思い出したのがへーネルキューブ。

コンセントひとつで2つのバッテリーを充電できる他、実際に今何%充電終わったのかが表示されてるのでわかりやすい。

使っちゃうともう純正の充電器使うことほぼなくなるし、万が一の時に備えて純正の充電器はカメラバッグの中に入れて備えておくってこともできるので便利。

 

フィルムライクな写真が撮れるようになるレンズベビーオムニ

 一時期話題で欠品になったレンズベビーオムニ

 今自分が使ってるレンズがオールドレンズっぽいアクセントを加えたりできるので、オールドレンズはその良さもあるけど手軽にできるしマウントアダプタとのエラー問題から解放されたという点でお気に入り。

f:id:maphoto:20191209055254j:plain

実際OMNIを使った写真で掲載許可取ってるのがないので、過去に撮った写真で近いイメージで言うとこう言う光の反射を利用した写真撮りやすくなります!

 

カードリーダーもUSB3.1 Gen2にすると快適

流行りに乗ってPROGRADEのSD&CFカードリーダーを買ったらUSB-Cも使えて爆速だった - ULTIMOFOTO

一眼デジタルを使っていると、PCに取り込むスピードも気になってくるもの。 以前はFireWireで爆速だったものの、MacBookProからFireWireが消えてUSB-Cになってからというものストレスを感じていた。 そんな時、Twitterで話題になっていたPROGRADEのカードリーダー カードの読み込める組み合わせは数種類出ていて、いずれもUSB 3.1, GEN. 2。 ...

以前はFireWire使っていてUSB-Cになってからなんか転送遅くなったなと思っていたのですが、カードリーダーをUSB3.0からUSB3.1 Gen2にしたらめちゃめちゃ快適に!

PCが対応なら転送速度300MB/sのSDカードなど使ってる人なら爆速でPCに重いRAWデータとかも移動できるのでいいですよ!

 

限られた狭い場所でも役立つRoundFlashストリップライト

RoundFlashストリップライトが収納コンパクトでかっこいいライティングしやすくて(・∀・)イイ - ULTIMOFOTO

RoundFlashさん公式ページをみていて発見したラウンドフラッシュストリップライト。 試しにお借りして使ったところ、簡単にかっこいいライティングができてコンパクトに収納できてめちゃめちゃ(・∀・)イイ!! そんなわけで、今回はRoundFlashストリップライトのご紹介です。 Roundflash ストリップライトは、長さ90cmの吊るし式のディフューザー。 ...

 背景と被写体との距離が確保できない場合、結構明るい白背景になってしまったりしてライティングのバリエーションが作れない。

そんな時に活躍してくれるのがストリップライト。

吊り下げてるので向きの安定には慣れやコツが必要ですが、背景と被写体の距離が近くても、こんな感じで少し落としたライティングが可能。

あとは応用なので被写体だけに当てるもよし、距離がもう少し取れる時は背景だけに当ててアクセントにしてもいいしこれ結構重宝してます。

 

安いのに使えるじゃん!GodoxのモノブロックMS300

 レンタルスタジオで使っていたGodox、最初のうちは良かったんですが1〜2年おなじスタジオ使ってたらやっぱりいろんな人が使っていたようでなんか不調。

やっぱり共用やレンタルじゃ限界あるよねっと言うことで、クライアントさんに買ってもらったのがGodox MS300。

1万円ちょいの割には全然使えるし、電源が確保できるスタジオで撮影するならもうこっちでいいんじゃないくらい。

問題点は色温度と光量が一日1000~3000枚近く撮影してると一枚ごとの撮る感覚が短いこともあってかちょっと安定しないかなと言うところ。

無茶な使い方してるからしょうがない的な部分もあるけれども。

 

合わせておすすめのGodoxグリッドボックス

 もしかしたら今年1番の当たりはこのソフトボックスだったかもしれない。

5000円ちょっとなのに120cmと大きくアイキャッチはきれいに入るしめちゃめちゃいいぞこれ。

使う場所には配慮が必要なサイズなのでシェアイベントには向かないけど、モノブロック使ってる人にはおすすめしたい。

昔は20〜30万かけて揃えていたスタジオ周辺機器が今や数万円で環境整えられるって一体どう言う時代なのよ...。

 ってくらいマジでいい

 

お散歩ポートレートにちょうどいいTAMRON 35-150mm

TAMRON 35-150mm F2.8-4VCはポートレート以外にも使えるお散歩レンズ - ULTIMOFOTO

すでにNikon用は販売されておりますが、一足先にTAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD Canonをお借りしました。 ...

今年レンズはこの一本でした。

24-70mmだと物足りないところを、35mmスタートにすることで150mmまで撮影可能になったこの一本。

実際ロケハンやお散歩レンズに使ってみると意外とf4が気にならない写りだし、気軽な時はこの一本だけで撮影してます。

この一本にプラスしてるのはSP85mm f1.8で、ぼかしたい時だけ補足してますがほぼほぼこれだけでいけちゃいます。

 

サイバーマンデーで買ったFotodioxがお気に入り 

FotodioxZEROシリーズ C-700 RSV ポートレート写真や映像にも使えるLEDライトの決定版

映像や写真など、本格的に撮影にLEDライトを導入するならおすすめなのFotodiox ZEROシリーズ C-700 RSVをご紹介いたします。 丸型で粒が出ないパネルを使用したLEDライトでポートレートや人物撮影に重要なアイキャッチが丸くきれいに写るFotodiox C-700 RSV。520x50mmとサイズも大きく、アイキャッチだけでなく、レフ板や映像用の照明としても使用できる。 ...

 以前ストロボマガジンで使わせていただいたFotodiox C-700RSVとC-218AS

f:id:maphoto:20191209062228j:plain

f:id:maphoto:20191209062225j:plain
f:id:maphoto:20191209062222j:plain

まだ手元には届いていないのですがストロボマガジンで使用した写真でご紹介していくと、アイキャッチはきれいに入るし、ACでの稼働やバッテリーで屋外での使用も可能。

色温度も変えられると言うのが最大の肝!いろんな環境下で使えるのが嬉しい。

f:id:maphoto:20191209062219j:plain
f:id:maphoto:20191209062214j:plain

手持ちのレフがわりにもなるので、極端な話曇りの日でも屋外でアイキャッチ入れられると言う優れもの。

案件によってはスチールだけでなく、同時にムービーさんが入ってたり、白背景を使ってモデルさん自身がスマホでSNS用写真撮ってたりするので、ストロボだけでなくLED投入してみようかなと思ったのがきっかけ。

届くのがかなり楽しみです。

 

振り返って来年欲しいもの

Leica熱は落ち着いたものの、カメラやレンズよりも照明機材やライティングのバリエーション増やしていきたいなと。

「影を作るな!」っと言われるのでいっつもおなじライティングで撮影してますが、それはそれで撮るのも飽きたし、白背景ばっかりでぱっと見て違う写真が欲しいと言う意見も来てるので変化を入れて行こうかなと。

そんな感じで何か気になるもはありましたでしょうか?!

番外編

今年買ったものじゃなかったんですが、旅行や出張などおなじスニーカー履かなきゃいけない時にこれかなり役立つので、冬場で足が蒸れる季節ですし忘年会で靴を脱がなきゃいけない!って言う不意打ちの前にお忘れなく...

それでは、また。