読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CameraStory

写真とカメラとスキなコト

MENU

写真なら容量無制限! amazonドライブで撮影データの共有が便利だぞ!

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20170514072742j:plain

撮影データの受け渡し、LINEやギガファイル便などのオンラインストレージで行なっている方が多いと思います!

この多くのオンラインストレージは容量や期間が決まっておりますが、amazon driveはJPGやRAWデータなら容量無制限で半永久的に使うことができます。

amazonドライブ使う人が増えれば、アップすることでバックアップも兼ねられるしかなり便利なるなと思い、今回はamazonドライブをご紹介させていただきます。

オンラインストレージでの撮影データの受け渡し

つるたまは撮影後、LINEやギガファイル便の他に、Dropboxは年間¥12,000の契約してたり、GoogleDriveを使ったり、結婚式などの場合は30daysを使用していたり様々なストレージでお客様やモデルさんに合わせた環境で納品作業を行なっております。

上記のオンラインストレージの場合、DL期間や容量が限られており

「RAWデータで欲しい!」「写真全部見たい」「ごめん、期限すぎたからもう一回送って?」

などの要望の場合、容量制限に引っかかったりして複数のオンラインストレージを使い分けたり

f:id:maphoto:20170420085254j:plainうぉっ?!マジか。もう消しちゃったし事務所戻ってアップしなきゃ。

など、再度アップする手間が必要となります。

 

amazonドライブなら写真容量無制限なので、バックアップにもなる!

amazonドライブに写真をアップするにはamazonプライム(年¥3,900)の契約が必要ですが、すでにamazonプライムに加入されていれば追加料金なしで、amazonドライブを使用することができます。

amazonドライブの魅力は

・JPG&RAWデータであれば容量無制限
・もちろん受け渡しも可能
・期間がないので、バックアップとしての保存が可能

Amazon.co.jp ヘルプ: RAWファイルについて

相手が全くamazon使ってないっというケース以外では、PCやスマホどちらからでも期限や容量制限もなくアクセスできる、めちゃくちゃ便利なオンラインストレージなんです!

 

amazonドライブの使い方

f:id:maphoto:20170514084016j:plain

Amazon Driveアプリを下記URLから入手
https://www.amazon.co.jp/gp/drive/download-apps?ref=cd_get_app_ov

上記URLからアプリを入手すれば、MacやPCなどのデスクトップ。

AndroidデバイスやiPhone・iPadなどのスマホタブレット環境からのアクセスやアップが可能です。

バックアップや外付けHD使用時はドラッグ&ドロップでアップする

f:id:maphoto:20170514084158j:plain

amazonドライブのアプリを使えば自動でアップロードが完了しますが、amazonドライブが指定したフォルダ内に写真データを管理しなければなりません。

f:id:maphoto:20170420085254j:plain任意で選択できないところはamazonドライブのちょっと不便なところ。

そのため、外付けHDなどからJPGやRAWデータをアップするには、[アップロードウィンドウにフォルダをドラッグ]するか、[個別にフォルダを選択してアップ]しましょう。

 

amazonドライブで写真データを共有する

f:id:maphoto:20170514214844j:plain

指定のフォルダを選択▷共有を選び

f:id:maphoto:20170514084501j:plain

[リンクを表示]したらコピーするだけ。

簡単でしょ?!

 

amazonドライブの写真データを一括ダウンロードしたいときは

f:id:maphoto:20170514214901j:plain

共有されたファイル上の一番上で一回クリック。

シフトキーを押しながら一番下で再度クリックすると全て選択されます。

全て選択されたらダウンロードをクリックすれば実行され保存が完了。

 

カメラマンやモデル、クライアント目線でもamazonドライブもっと浸透して欲しい

容量や期限の制限があり、必要以上の枚数やデータサイズは渡さないことがいままで多くありましたが、amazonドライブを使用すればカメラマンとしてはバックアップも兼ねているので、万が一データが消失した時や外出先からのアクセスも便利になります。

RAWデータでの納品形式の場合、撮影後にクライアント先への訪問や、HDを借りてコピーしにいく時間が削減できるのでめちゃめちゃ便利。

モデル・クライアント視点でも期限がないので便利

モデルやクライアント側視点でも、いつでもDLが可能でカメラマンがバックアップ体制を整えているのであればRAWデータで画質を落とすことなく調整することも可能になります。(RAWは自身の作風とは異なる手を加えていない元データのため、取り扱いについては個々にご相談を。)

もっと、amazonドライブ浸透すればいいのになと思ってはいるのですが、amazonドライブ使っている方が結構少ないので、amazonプライム契約している方は使って見てくださいね!

amazonプライムの加入はこちら

それでは、また。

このブログの他の記事3選も読んでみる