CameraStory

写真とカメラとスキなコト

camera story by一瞬一撮

冷静に、いま欲しいものを書いて落ち着いてみる。2018年秋編

スポンサーリンク

f:id:maphoto:20181018222531j:plain

物欲が最近あんまりないと言いつつ、気軽に買えると言うものより一撃がヘビーなものが増えております...。

よし、先月頑張ったし買っちゃえ!の勢いで買ってしまうとこのままいくととんでもないことになるなと思いつつ、一旦冷静に欲しいものリストアップしつつ今後記事化するかもしれない商品をご紹介していきます。

 今年の本命はEOS RとRF28-70 F2L

キヤノンEOS R 待望のフルサイズミラーレスはこれからの可能性を広げる - CameraStory

2018年9月5日、噂されていた日程でついにキヤノンからフルサイズミラーレスカメラEOS Rが発表された。 販売価格はキヤノンオンラインショップ参考価格で¥237,500で、9月12日10時から予約開始。 買う買わない賛否両論あるかと思いますが、今回はEOS Rの魅力をつるたま視点でご紹介していこうかと思います。 ...

もう2018年の最優先事項として、趣味でも仕事でも使うかもしれないと思っているのがEOS R。

SONY α7Ⅱを購入してみて、フルサイズミラーレスの便利さは実感した反面、マウントアダプタを使用することの大きさや機能が制限されて取りにくくなると言うデメリットも実感した。

趣味としてオールドレンズを楽しみながら(そう言うアダプタが出ることに期待しつつ) 、仕事面ではやっぱりマウントに合わせたレンズを買うべきだ。

そう考えると、24-105mm F4Lの使い勝手はいいことは知っているけども、購入したところで仕事では使わないのが予想できる。

だからこそ、RF28-70mm F2Lが2018年12月下旬に出るのを心待ちにしている。

価格.comで2018.10.18時点でEOS R 約23万 + RF28-70mmF2L 約37万 = 約60万

もう、ライカ買えるんじゃね?って値段だけどどちらを選ぶのか。

ふと冷静に考えると、約60万ってもはやライカに手が届くお値段。

カメラマンでも使っている人が多し、ブロガーでもちらほら使う人が増えてきたLeicaQ。

そうなると「えっ?そんないいの?!使ってみたい」と興味が出てくる。

たまに夜市で約40万ほどで中古で出回ることもありすっごく気になってる一台だし、EOS RシリーズがRF28-70mm F2Lと合わせて長くみて仕事で使えることを期待していなければ、つるたまは間違いなく趣味カメラとしてのLeicaQを選んだだろう。

仕事と言うことを考えての振り分けであって、趣味のことしか考えてなかったら...

っと思うとほんとLiecaQを選んでいたし、気になる一台だ。

 

A1もいいけど、アクセサリーが使いやすいProfoto B10に買い換えたい

Profoto A1は屋外ロケや電源がない環境に便利!マップレンタルで借りてテスト中 - CameraStory

ほぼモノブロックやジェネを使わず、スタジオでもクリップオン派のつるたまです。 3-5万円前後でクリップオンタイプのストロボが買える中で、Profoto(プロフォト)から発売されたA1。 価格は約11万円前後。 従来製品よりも、フル発光でもチャージが早く、硬いストロボ光のイメージを和らげたProfoto A1は、電源の確保できない屋外撮影や出張撮影の多いカメラマンにおすすめです。 ...

 昨年末から本年年明けにかけて一気に揃えたProfotoA1とアクセサリー。

ProfotoA1+ドームディフュザーの組み合わせは今までのストロボとは一味違いめちゃめちゃ重宝している反面、アクセサリーを使おうとすると選択肢が限られてしまっている。

RFiというスタジオ向けのオクタゴンはめちゃめちゃいいのですが、A1を使いたいようなコンパクトに持ち運んで使うと言うシーンには、アダプタがかさばるし持ち運びしづらい。

Profoto B10 - 小さな巨人

Profoto B10は、このクラスのストロボとして最小/最軽量オフカメラ・フラッシュです。カメラレンズと同等の大きさと形状の筐体に、スピードライトの5倍の出力を搭載しました。LED 定常光を内蔵し、動画撮影にも使用できます。Profoto B10 はパワーと携帯性を両立した究極のライトです。

そこに出てきたのがB10だ。

Profoto B10はOCFシリーズの使用が可能。

250Wでフル発光で約400回のバッテリー性能、A1と比較するとかなり魅力的だしサイズもこのパワーのわりにはレンズと同じくらいの大きさで持ち運びにも便利そう。

 2灯セットで約38万円。

昨年末からあっという間にProfotoA1x2灯とリモートやアクセサリーに30数万円を突っ込んだ身としてはもはや+数万円くらいでB10ならB10選んだ方が幸せだったのではないかと思うレベル。

来年、A1をドナドナしながらB10に移行するかもしれない。

 

車関係のドレスアップや冬タイヤも欲しいのです。

STARDOMで遠征などもあるし、近所の駐車場が安かったのでカーシェアを辞めて購入した7人乗りヴェルファイア20系前期。

つるたまにとって2台目の車で、以前購入した時は外車をディラーからいい状態で買っていたのでそこそこ金額をかけておりローンでほぼカスタマイズできず。

2代目は車両価格抑えていじりまくってみたいと言うところもありつつ、いじりまくったら新車買った方が良かったんじゃないかと思うところもあってどこまでやるか考え中。

取り急ぎ車関係で買うものとしては、冬タイヤ。

大体10万円くらいかなと思いつつ、ホイール変えるのも初めてなので、楽しみなのです。

 

欲しいものは少なくなったけど一撃の値段がかわいくない

あ...!これ欲しい。っと思うことは少なくなったのですが、単価の0が増えてしまい軽率に買えなくなった。

それって本当に個人的に欲しいもので、ブログに書いても...って思うこともあり最近商品記事あんまり書かなくなってきつつあるのはそこなのかもしれない。

実はこっそり、ディズニー系の商品は買ってはいるんだけど、記事化したところでなぁ,,,っというところなんですが、読みたい人いるんだろうか。

EOS R タイヤを直近で買いつつ、B10やライカQはもしかしたら来年くらいにあるかもしれない....

エアロはもうちょっと高速で小傷増えたりしたら考えようかな,,,

っと言うわけで、近々に欲しいものでした。

それでは、また!